美容

【最新】銀座カラーが倒産!未消化の施術や返金はどうなる?倒産理由も検証

「銀座カラー倒産後のお手入れはどこで受けられる?」
「倒産した銀座カラーから返金はないの?」
「大手なのに倒産するなんて……他の脱毛サロンは大丈夫?」

このような悩みを持っていませんか?

この記事では、2023年12月15日に破産手続き開始決定を受けた銀座カラーについて、詳しく解説しています。

残っている施術を受ける方法や支払い済み契約金の返金、また、支払い途中のローン返済など、不安なことはたくさんありますよね。

倒産の理由や他の脱毛サロンの経営状況も参考に、被害を最小限に抑え、安全な脱毛を続けていきましょう。

※2023年12月時点の情報です。
※一部アフィリエイト広告を掲載しています。

【最新情報】銀座カラー契約者への優遇措置が登場

2023年12月18日、一般社団法人日本エステティック経営者会の公式サイトにて、以下のお知らせが発表されました。

銀座カラーへ通われていた皆様へ

脱毛サロン銀座カラー会員で脱毛サービスを完了してない方のために当会会員店舗に協力要請を出したところ、以下企業にて【優遇措置】が提供されることとなりました。

引用:一般社団法人日本エステティック経営者会

名乗りを上げたのは、以下の5社です。

サロン名 運営会社
ミュゼプラチナム 株式会社
ミュゼプラチナム
ストラッシュ 株式会社クリア
ビー・エスコート 株式会社
セピア・プロミクス
医療提携サロン
リッツ
株式会社
シェーンブルー
エステティックサロン
シェアラ
株式会社
テルズ&クイーン

優遇措置の内容(割引や特典など)は、各サロンによって異なります。

自宅近くに該当サロンがある人は、ぜひ問い合わせてみてください。

銀座カラー倒産のお知らせ全容

2023年12月15日、大手脱毛サロンの「銀座カラー」が破産手続き開始決定を受け、事実上の倒産となりました。

公式からのお知らせは、以下のとおりです。

破産手続開始決定及びこれに伴う会員の皆様へのサービス提供等の停止に関するお知らせ
日頃より格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
株式会社エム・シーネットワークスジャパン(以下「当社」といいます。)は、長きに渡り、多くの会員の皆様に美容脱毛サービスを提供して参りましたが、今般、諸般の事情によ
り令和5年 12 月 15 日付で東京地方裁判所に対して破産手続開始を申し立て、同日付で同裁判所から、破産手続開始決定が発令されました。
これにより、当社は事業の全てを停止し、当社の運営する銀座カラーの全店舗は、同日をもって閉店となります。
会員の皆様始め、関係者の皆様にはこのような突然のお知らせとなり、多大なるご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。
【今後の会員の皆様へのサービス提供について】
当社は、今後、裁判所によって選任された破産管財人の管理の下、破産手続において清算を進めていくことになりますが、上記記載のとおり、銀座カラーについては全店舗が閉店となりますので、今後、会員の皆様には各店舗において脱毛サービスその他サービスを提供することができません。
大変申し訳ありませんが、今後の会員の皆様からの新規のカウンセリング・施術のご予約の受付は全て停止させて頂くとともに、12 月 15 日時点でご予約頂いているカウンセリング・施術につきましても全てキャンセルの取扱いとさせて頂きます。
【今後のお問い合わせ等】
当社破産手続に関しての詳細、その他最新の状況につきましては、破産管財人が開設しているホームページをご確認頂きたくお願い致します。
〇株式会社エム・シーネットワークスジャパン 破産管財人HP
URL: https://gc-kanzai.com
また、会員の皆様の現在の回数の消化状況等は、これまでと同様の会員ページをご確認ください。
〇会員ページ
URL: https://mypage.ginza-calla.jp/login/
重ねて、このような事態となり皆様にご迷惑をおかけすることに深くお詫び申し上げます。

引用:株式会社エム・シーネットワークスジャパン

これを受けて、12月16日から17日にかけて各ニュースサイトや新聞等のメディアで倒産のニュースが報道され、今後どうなるのかといった検証が続いています。

負債総額は約58億円といわれており、債権者は約10万人にも上るとのことです。

銀座カラーが倒産した後の会員は?

銀座カラーと契約をしていた会員は、今後どうなるのでしょうか。施術や返金についてまとめました。

未消化の施術を受けられる場所

現在のところ、銀座カラーから経営譲渡される新会社などの情報は一切ありません。

これまで、銀座カラーが閉店したエリアで施術を引き継いでいた医療脱毛クリニックの「じぶんクリニック」は、12月15日付けで以下のようなお知らせを出しています。

この度、当法人は銀座カラー(株式会社エム・シーネットワークスジャパン)と令和3年11月1日より開始した業務提携を令和5年12月15日付けで解消することに合意しましたので、下記のとおりお知らせいたします。

なお、株式会社エム・シーネットワークスジャパン様に関するお問合せは、当法人では一切お受けできませんのでご了承ください。

■ 提携終了日  令和5年12月15日
■ 提携解消先  銀座カラー(株式会社エム・シーネットワークスジャパン)

提携終了にあたり、大変ご不便をおかけ致しますが、ご理解とご協力を賜り、何卒ご了承のほど宜しくお願い申し上げます。

引用:じぶんクリニック

銀座カラー公式サイトで発表があったように、未消化の施術については全キャンセルとなってしまいました。

破産開始手続きが始まると、事業や業務の一切を破産管財人が請け負う形になるため、詳細の連絡があるまで待機するしかないようです。

未消化の施術分の返金

施術を受けていない分の返金に関しては、破産手続き開始決定を受けた時点で「債権者に返せる財産があれば配当する」という形がとられます。

銀座カラーを運営していた株式会社エム・シーネットワークスジャパンが顧客に直接対応する義務はなくなり、すべて破産管財人を通しておこなわれます。

一部報道によると、2021年4月期に計上した最終赤字が11億7533万円とのことなので、債権者全員に全額返金をするのは、かなり難しいでしょう。

救済を引き受ける脱毛サロンに期待

これまで、急に倒産してしまった脱毛サロンの顧客や社員を救済してきた脱毛サロンがあります。

記憶に新しい「C3(シースリー)」の倒産後には、おもに以下の大手脱毛サロンがC3会員の施術引き受けや社員の再雇用に名乗りを上げました。

  • ラココ
  • ミュゼプラチナム
  • ストラッシュ
  • ジェイエステティック

銀座カラーの倒産後、まだ日が浅いのでどの脱毛サロンも声明を出していませんが、今回もなんらかの形で救済策を講じてくれるかもしれません。

銀座カラーへの支払いは今すぐ停止!

銀座カラー倒産による被害を最小限にとどめるために、まずやらなければならないのは支払いの停止措置です。個人でできる対策を、以下の4つに分けて解説します。

1.消費者ホットラインに相談する

まず初めに何をすればいいかわからない……という人は、消費者ホットラインに相談をしましょう。

一部IP電話をのぞき、携帯電話からも「188」でつながります。

案内にしたがって郵便番号等を入力すると、居住地域の消費者生活センターまたは消費者相談窓口につないでくれるので、今後どのように動けばいいかを聞いてみましょう。

相談の際、銀座カラーと交わした契約書があると話をしやすくなります。

2.クレジットカード会社に連絡する

銀座カラーとの契約金をクレジットカードで分割払いしている人は、利用しているクレジットカード会社に連絡してください。

現在の状況を知らせ、支払い停止の手続き方法を教えてもらいましょう。

クレジットカード会社によってはオンラインで処理できるケースもあるので、利用している会社の公式サイトなどを参考にしてください。

3.信販会社に抗弁書を提出する

銀座カラーから提案のあった信販会社を通してローン返済をしていた人は、利用していた会社に連絡をしてください。

スムーズに支払い停止ができない場合、抗弁書を提出することで手続きを進めてもらえます。

抗弁書や銀座カラーとの契約書のコピーを提出する他、銀座カラーおよび破産管財人に連絡をした証拠となるスクリーンショット等を提示できるようにしておくのがおすすめです。

4.銀行の引き落としを停止してもらう

信販会社の支払い引き落としに指定している銀行に行き、同社からの引き落としを停止してもらうよう相談するのも、ひとつの手段です。

相談に行く際は、以下のものを持参しましょう。

  • 身分証明書
  • 銀行の通帳やキャッシュカード
  • 印鑑
  • 信販会社と交わした契約書

担当者に詳細を説明できるよう、信販会社と交わしたメッセージなどがあればスクリーンショットを残しておくことや、銀座カラーおよび破産管財人の対応、現況について把握しておくことが大切です。

銀座カラーが倒産したのはなぜ?考えられる5つの理由

1993年5月創業、全国展開の大手脱毛サロンである銀座カラーが倒産したのは、なぜなのでしょうか?考えられる理由を5つに分けて解説します。

通い放題コースで会員を増やしたため

銀座カラーは、倒産する直前までは全身脱毛の6回コースをメインに提供していましたが、過去に数回「制限なしの通い放題コース」を提供しています。

通い放題は、契約金額以上に利益が出るものではなく、ひとりあたり何回施術をしても売り上げには影響しません。

通い放題契約で通う会員には「旨味」がなく、場所や時間、スタッフだけが消費されてしまいます。

そんな通い放題コースの会員が増え、利益が上がらなくなったと考えられます。

大幅値引きによる集客で利益が上がらなくなったため

銀座カラーが、倒産直前まで提供していた全身脱毛コースは、6回59,400円(1回あたり9,900円)というリーズナブルなものでした。

安い全身脱毛プランで集客はできても、店舗維持費や人件費を考慮すると、利益はそれほど上がりません。

結果的に資金繰りが厳しくなり、倒産をまぬがれなかったのだろうと予想されます。

店舗が減って客をさばききれなくなったため

銀座カラーは、2022年には全国で50店舗展開している人気脱毛サロンでした。

北海道から九州までくまなく進出していましたが、少しずつ店舗が統合・閉鎖され、2023年1月時点で40店舗、倒産直前には30店舗に減っています。

閉店してしまったエリアの顧客は、業務提携していた「じぶんクリニック」の他、近隣の店舗で受け入れていました。

ひとつのサロンにふたつ分の顧客が訪れるようになり、予約をさばききれずに客離れが相次ぎ、結果的に倒産する事態に追い込まれた構図が考えられます。

退職するスタッフが相次いだため

店舗閉店にともなって生き残った店舗に顧客が集中する事態になり、在籍スタッフに負担がかかって退職希望者が続出したというのも、銀座カラー倒産の理由のひとつです。

店舗があってもエステティシャンがいなければ、予約客の施術はできません。

出勤しているスタッフのみで回せる分の予約しか受け入れることができず、倒産直前の銀座カラーは予約を取れるのが5~6カ月おきという状態になりました。

これでは、顧客が居つかなくなるのも当然といえるでしょう。

改悪による悪い口コミが広まったため

X(旧Twitter)をはじめとするSNSでは、2023年春ころから、銀座カラーの規約変更などに不満をあらわす投稿が相次いでいます。

口コミを見て「銀座カラー解約しようかな」と考える顧客や、「銀座カラー気になってたけどやっぱりやめておこう」と契約をとどまる新規の見込み客は多かったはず。

目標に達するだけの新規契約者を獲得できず、資金繰りが厳しくなって倒産に至ったというケースもじゅうぶん考えられます。

「倒産した大手脱毛サロン一覧|倒産した理由と共通点は?」を読む

銀座カラーからののりかえでお得に契約できるおすすめ脱毛サロン

銀座カラーを解約しても脱毛は続けたい!という人におすすめの脱毛サロンを、3社紹介します。

LACOCO(ラココ)

ラココ

出典:LACOCOプロモーションサイト
おすすめポイント

  • 全身脱毛が月額3,300円~
  • 分割手数料等が0円
  • のりかえで10%キャッシュバック

ラココは、北海道から沖縄まで全国98店舗展開している脱毛サロンです。

銀座カラーよりも店舗が多いので、店舗閉鎖や統合のため予約が取れず困っている人や、店舗自体が近くになくなってしまったという人にも、通いやすい脱毛サロンといえます。

ラココでは、他社からののりかえで契約金額の10%をキャッシュバックするキャンペーンを実施中。

さらに、全身脱毛月額プランの新規契約で初月0円というサービスもおこなっています。

3,300円の月額定額支払いにしても頭金や分割手数料が発生せず、諸費用で出費が高くなってしまうことはありません。

全身脱毛プランの他、VIO脱毛やオーダーメイド脱毛もあるので、まだ部分的にムダ毛が残っている部分があるという人にもおすすめです。

顔・VIOを含む
全身脱毛6回
月額3,300円
総額118,800円
全身脱毛
1回あたり
19,800円
VIO脱毛
12回
月額3,300円
総額118,800円
オーダーメイド脱毛
計50回
月額4,500円
※初月7,500円
総額165,000円
脱毛方式 SHR脱毛
脱毛機 ルミクスA-9X

\【PR】ラココの無料カウンセリングに申し込む/ ラココ

ストラッシュ

出典:ストラッシュプロモーションサイト
おすすめポイント

  • 全身脱毛が月額2,900円~
  • のりかえで最大30%OFF

ストラッシュの店舗は、銀座カラーより多い全国48店舗。主要都市にはほぼ店舗をかまえています。

ストラッシュの魅力は、他社からののりかえで割引が得られる「リベンジ割」が最大30%OFFになっている点です。

10~15%OFFという脱毛サロンが多い中、最大30%が契約金額から直接値引きになるのは嬉しいですよね。

顔とVIOを含む全身脱毛6回は、125,400円です。

価格自体は銀座カラーより高額ですが、ストラッシュの全身脱毛にはエレクトロポレーション施術がセットになっているため、コスパは決して悪くありません。

顔・VIOを含む
全身脱毛6回
月額2,900円
総額125,400円
全身脱毛
1回あたり
20,900円~
全身脱毛
月額プラン
4,400円
顔脱毛
6回
58,870円
VIO脱毛
6回
47,760円
脱毛方式 ISGトリプルアタック脱毛
脱毛機 STRIKE

\【PR】ストラッシュの無料カウンセリングに申し込む/

RinRin(リンリン)




出典:RinRinプロモーションサイト
おすすめポイント

  • 全身脱毛の体験ができる
  • のりかえで10%OFF

リンリンは、東海エリアを中心に甲信越~中国四国まで56店舗展開しています。

愛知県を含む東海地方や近畿、中国地方にはとくに店舗が多いため、該当エリアに住んでいて銀座カラーから他社へののりかえを考えている人は、ぜひ候補にいれておきましょう。

リンリンののりかえ割は、契約金額からの10%OFFとなります。

また、初回に限り全身脱毛6回55,000円というリーズナブルな価格で契約をすることが可能です。

全身脱毛だけではなく、両ワキ脱毛の回数コースやS~Lのパーツ別脱毛プランがあるので、銀座カラーでやり残した部分をキレイにしたいという人にも向いています。

顔・VIOを含む
全身脱毛
初回限定
6回55,000円
両ワキ
8回
7,800円
Sパーツ
8回
16,800円
Mパーツ
8回
28,800円
Lパーツ
8回
36,000円
脱毛方式 SPL脱毛
脱毛機 VERTEX

\【PR】RinRinの無料カウンセリングに申し込む/

まとめ

ずっと安泰だと思われていた大手脱毛サロン「銀座カラー」の倒産は、世間に大きな衝撃を与えました。

銀座カラーと契約していた顧客はもちろんのこと、今通っている脱毛サロンは大丈夫なのかな?と不安に感じている人も多いでしょう。

銀座カラーと同じように、制限なしの通い放題コース料金が極端に安い脱毛サロンに通っている人は、要注意かもしれません!

堅実で明朗会計な脱毛サロンで安全な脱毛を続けていけるよう、危ないサロンは早めに解約して、のりかえ割引がきく脱毛サロンに引っ越すのもひとつの手段です。

「2023年全身脱毛がおすすめの脱毛サロン9選」を読む

新着カテゴリー

  1. 人気「アルブランクラリファイイングリリーサー」って本当におすすめ?美容マニアの私が実際使用して、口コミを検証!

  2. 人気「セザンヌストレッチコンシーラー」って本当におすすめ?美容マニアの私が実際使用して、口コミを検証!

  3. 人気「ソフティモ クリアプロ クッションクレンジングオイル」って本当におすすめ?美容オタクOLの私が実際使用して検証しました!

  4. 人気「アルブランマイクロムースリフレッシャー」って本当におすすめ?美容マニアの私が実際使用して、口コミを検証!

  5. 人気「トムフォード アイカラークォード」って本当におすすめ?美容マニアの私が実際使用して、口コミを検証!

  6. 人気「マキアージュドラマティックエッセンスルージュ」って本当におすすめ?美容マニアの私が実際使用して、口コミを検証!

  7. 人気「ロムアンド グラスティングメルティングバーム」って本当におすすめ?美容マニアの私が実際使用して、口コミを検証!

  8. 人気「ボトルワークス アンプルショット モイスチャーライジング コンセントレートグロウ セラム」って本当におすすめ?美容マニアが実際使用して口コミを検証!

  9. 人気「ソフィーナIP角質トリートメント基礎化粧液」って本当におすすめ?現役美容部員の私が実際使用して、口コミを検証!

  10. 人気「セザンヌ 耐久マスカラ」って本当におすすめ?美容マニアが実際使用して口コミを検証!