コスメ

カバーマーク ジェルおしろいって?口コミはどうなの?使い方は?マスクにつかないと話題のアイテムを体験してみました!

メイクの仕上げに載せるジェルおしろい?おしろいなのにジェル?と、今までのおしろいの観点を覆した話題のカバーマーク モイスチュアコートジェル。ジェルおしろいとも呼ばれ、発売以来話題性も人気も高い商品です。そんなカバーマーク モイスチュアコートジェル、美容ライターの私が実際に試してみました!

どんな商品なの?

カバーマーク モイスチュアコートジェル

カバーマーク モイスチュアコートジェルは朝、ファンデーションの仕上げに使う新発想のアイテムとして発売されました。おしろい=粉という常識を覆す新発想で開発されたジェルおしろいとも呼ばれている商品です。使い方は通常のおしろい同様、メイクをキープする目的で、メイクの仕上げに使います。

独自皮膜技術の「ウォーターフィルム」で、朝のメイクの仕上がりやみずみずしさ、潤いが一日中続くように設定されています。いままでにない発想と技術によって開発された注目の商品です。最近ではマスクを付けていてもメイクが崩れづらくなったと話題の商品です。

発売日・メーカー

発売日・メーカー

カバーマーク モイスチュアコートジェルは、カバーマークというブランドから2019年10月18日に発売されました。カバーマークは元々顔のアザ、傷跡、変色などを目立たなくさせるために開発された、ベースメイク化粧品が主力の化粧品ブランドです。ブランド誕生当初から徹底的なカバー力にこだわり、圧倒的なカバー力と補正力が人気で、沢山のベースメイクアイテムを発売してきました。

成分

成分

そんな新発想のカバーマーク モイスチュアコートジェル。実際にどんな成分が入っているのか見ていきましょう。

水、エタノール、アクリレーツコポリマー、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、セラミド3、(クエン酸、乳酸、リノール酸、オレイン酸)グリセリル、BG、DPG、アルミナ、シリカ、EDTA2Na、フェノキシエタノール、メチルパラペン、酸化チタン、酸化鉄

朝のメイクの仕上がりや潤いが一日中続くと言われている通り、セラミドを始めとした保湿成分が配合されているようです。独自成分の「ウォーターフィルム」が肌の水分蒸散を防ぎ、セラミド配合により潤いをあたえてくれます。実際に使用してみると、付けた瞬間のみずみずしさと、持続力に驚きましたが、このような成分で保湿力を持続しているのがわかりますね。

カバーマーク モイスチュアコートジェル

ではカバーマーク モイスチュアコートジェルは実際にどの位の量が入っているのでしょうか。内容量は35gで、一度の使用量は半顔でワンプッシュ、全体で2プッシュ使用するようです。通常のカバーマークのおしろいは10~13g程で約5000円。使い方が違うので、あまり高いのかお得なのかは分かりづらいですね…。ただカバーマーク モイスチュアコートジェルは、2プッシュ使い、約2ヶ月持つそうなので、通常のおしろいを半年から1年くらいで使い切る私としては少々高いようにも感じました。パウダー状のおしろいは粉を拭いてしまうのを避けるため、なるべく少量で使用しているので、使用量としてはジェルの方が多くなるように感じました。

金額

金額

私は公式サイトで購入をしました!カバーマーク モイスチャーコートジェルは専用のパフ付きで公式サイトでは5,500円(税込)で販売されています。他のネットサイトで販売されている商品も大体同じ位の値段で販売されていますが、まれに送料などの影響で、高くなっているネットショップも見かけました。

購入場所

購入場所

販売されている場所は主に百貨店などのカバーマーク専門店か、公式のインターネットサイトなどがあげられます。ただカバーマークは百貨店やお店で販売されている所も少ないので、もし欲しい商品が決まっていたり、購入すると決めていればネット購入が楽に感じます。他にも楽天やアマゾンなどのサイトでも販売されているようですが、送料が別でかかることもあるので注意しましょう。

世間の口コミはどうなの?良い?悪い?

口コミはどうなの?

では実際に商品を試した方の評判はどうでしょうか?早速口コミを見ていきましょう!

良い口コミ

(前略)まだ数回しか使用してませんが、とてもいいです!

メイク後なのに、本当にメイクもとれなくて感動しました!!ひんやり気持ちいいし、浸透していく感じもして自然な艶感が気に入りました(^^) (以下略)

引用元:アットコスメ

(前略)慣れてきて上手く調整できるようになってからは時間が経っても本当にキレイで乾燥知らずです!不器用なので練習は必要でしたが、本当に良い商品に出会えたと思っています。

引用元:Rakutenみんなのレビュー

全体的に使用感や潤い、ツヤや持続力を気に入って使用されている方が多いようです。特に乾燥肌に悩んでいた方や、ツヤ肌の仕上がりが好きな方には、とても高い支持を得ているように感じます。

悪い口コミ

悪い口コミ

(前略)容器半押し分をスポンジに馴染ませて、顎の方からポンポン付けて半顔仕上げ、同じ動作でもう半顔仕上げ。この手間の掛かる付け方が、1秒でも寝ていたい朝に面倒で仕方ない。(以下略)

引用元:アットコスメ

(前略)ツヤだけは出ますが、カバー力はなく、かなり白浮きします。

塗ってます感がすごく出ます。時間が経つと毛穴落ちもしますし、良いとこなしでした。(以下略)

引用元:Rakutenみんなのレビュー

一方で、容器を押してスポンジにしっかり馴染ませる、その後半顔ずつ塗布していく、という課程を負担に感じてしまう方にはあまり向かないようです。普段朝時間がなくてパウダーファンデーションだけで済ませたい方などには工程が多くて大変に感じてしまうかもしれません。また、毛穴の開きなどが気になる方には、毛穴落ちしてしまう、というリスクもあるようです。

項目別にチェック

項目別に評価

ではカバーマーク モイスチュアコートジェルを様々な視点から細かくチェックしていきましょう。

パッケージ

カバーマーク モイスチュアコートジェル

まずはパッケージから見ていきましょう。使う時にモチベーションが上がるような、そしてお部屋やドレッサーに置いておきたいかなども重要になります。

★★★★☆4点

全体的にゴールドの高級感のある色調をベースに、透明感のあるパッケージになっています。また、潤い感を彷彿させるようなブルーのグラデーションが入り、より高級感のある上品な印象を与えてくれます。可愛らしい、というよりは上品で大人女性にピッタリの高級感のある印象がとても好印象です。

容器の扱いやすさ、付属品の使いやすさ

カバーマーク モイスチュアコートジェル

次に容器の使いやすさもとても大事になります。特にベースメイクは手元をあまり汚さずに使えるか、使用量分だけ出しやすいか、なども非常に重要になります。

★★★★★5点

こちらは満点!特にカバーマーク モイスチュアコートはとても商品自体の特徴が高く、特殊な使い方になりますが、プッシュするだけで1回の使用量が出てくる仕組みは使いすぎ、付け過ぎ防止にもなるかと思いました。またスポンジにも馴染ませやすいようにお皿のような形状になっているので、固まって付ける恐れがないように計算されているのかなと思います。そして手元を汚さずに仕上げることが出来るので、その点でもとても便利だと感じました。

伸び

カバーマーク モイスチュアコートジェル

他にも商品の伸びもとても大事になります。伸びが悪い場合はお肌に擦り付けるような塗り方になってしまい、他のベースメイクを崩してしまったり、全体に均一に塗る、ということは難しくなります。

★★★★☆4点

伸びについてはとても良いと言えるので、4点。専用のスポンジに載せてからポンポンと馴染ませるようにお顔に載せていきます。お顔の半顔ずつ載せていきますが、顎先からおでこまで満遍なくキレイに塗れる位の伸びの良さを感じました。もし専用のスポンジではなく、他のスポンジを使用した場合は、この位伸びない可能性もあるかなと思うので、そこは懸念点といえるかもしれません。

カバー力

(使用前)
カバーマーク モイスチュアコートジェル

(使用後)
カバーマーク モイスチュアコートジェル

ベースメイクはカバー力や仕上がりなどもとても大切になります。カバーマーク モイスチュアコートはベースメイク後の仕上がりを左右するアイテムになるので、仕上がりがどう変わるのか見ていきましょう。

★★★★★5点

つけることでツヤや潤いを与え、メイクの持続力をあげる、ということがこちらのアイテムの効果になりますが、その効果をしっかり実感できたので、こちらは満点!付ける前と後では、全体の自然なツヤや潤い感が格段に変わりました。また、一日マスクを付けていても崩れない位、ベースメイクのトップコートのような効果があると感じました。チークも崩れなくなり感動しました!

仕上がり

カバーマーク モイスチュアコートジェル

では実際の仕上がりを見ていきましょう。

★★★★★5点

仕上がりについても満点です!通常フェイスパウダーはベースメイクをキープするために載せますが、同時にすごく粉っぽくなってしまったり、せっかくツヤ肌に仕上げても、マットになってしまったり、というようなことがありました。こちらのアイテムは今までのフェイスパウダーにあったそのような悩みを解消してくれて、自然なツヤや潤いをもたらしてくれる仕上がりになるので、こちらは満点をつけました!

崩れにくさ

カバーマーク モイスチュアコートジェル

ベースメイクはメイクの持ちもとても重要になります。カバーマーク モイスチュアコートジェルの崩れにくさも見ていきましょう。

★★★★★5点

崩れに関しても気にならない持続力があるので、こちらも満点をつけました。実際に手元にファンデーションとカバーマーク モイスチュアコートジェルを塗り、流水をあててティッシュで擦ってみましたが、全く崩れを感じませんでした。これはお肌に載せてもとても安心ですね。

コスパ

コスパ

使い続けるためには、コスパも非常に大事になります。カバーマーク モイスチュアコートジェルのコスパも見ていきましょう。

★★☆☆☆2点

コスパはあまり良いとは言えないので、少し低い評価になりました。1回の使用量は両顔で2プッシュ。その量で使用すると約2ヶ月持つそうです。ただ通常のおしろいはもう少し持ちも良いことが多いので、2ヶ月だと少しコスパとしては悪いように感じます。

実際試してみました。

試してみました

では実際に使用してみた感想をお伝えしていきます!

購入したきっかけ

購入場所

購入したきっかけは、まさかおしろいなのにジェル?と思ったことがきっかけ。

もともとおしろいはせっかく作ったツヤ肌をマットに見せてしまうイメージがあったので、あまり好きではなかったですが、ジェルでの仕上がりという点や、水分80%で出来ているので、ツヤや潤いが一日中続く、という点に惹かれて購入しました。

ビフォーアフター

(使用する前)
カバーマーク モイスチュアコートジェル

(使用した後)
カバーマーク モイスチュアコートジェル

実際に載せてみるとそのみずみずしさに驚きました!少しひんやりするジェルをお肌にムラなく載せていくと、瞬時にお肌にキレイなツヤのベールがかかりました。一瞬ツヤが出過ぎかな?とも思いましたが、段々と時間が経つと、お肌の上がサラサラとしてきて、ツヤもちょうど良く感じられるようになりました。

また、付けたてから数時間後のお肌も潤いがキレイに続き、お化粧崩れも普段より目立たなくなることに感動しました!

おすすめの使い方

カバーマーク モイスチュアコートジェル

ではおすすめの使い方をご紹介します。カバーマーク モイスチュアコートジェルは少し使い方が特殊になるので、しっかりと使用方法は確認しましょう。

①ゆっくり押してジェルを出します。この時にパフで押し下げるのではなく、パフがない状態で押し出すように気をつけましょう。軽くワンプッシュで半顔分、しっかり押すと少し規定量より多く出るようなので、押す時の強さも注意しましょう。

②容器の上でパフをクルクルと滑らせてしっかりと馴染ませましょう。

パフが垂直にあたるように注意しながら軽く抑えるように塗布していきます。塗る時には滑らせてしまうとメイクが崩れてしまうので注意しましょう。顎先からおでこに向かい半顔ずつポンポンと馴染ませていきます。

④半顔ずつ終了したら、パフに残った量で小鼻などの細かい部分を仕上げます。

最初に出しすぎないように注意し、スポンジにもしっかり馴染ませること、また、塗布をする際にも滑らせないように注意しながら押し当てるようにのせていくことがポイントです。

カバーマーク モイスチュアコートジェルと相性の良いおすすめファンデーション

ファンデーション

基本的にはどんなファンデーションでも相性がいいようです。パウダーファンデーションでも同様に使用することが可能です。また、テカリが気になる方は、一度通常のフェイスパウダーを入れてから、ジュルおしろいを塗布することで、テカリを抑えることが可能です。ツヤ肌を目指したい方は、リキッドファンデーションの後に塗布することがオススメです。

カバーマーク モイスチュアコートジェルを試した結果

カバーマーク モイスチュアコートジェル

では総合的にカバーマーク モイスチュアコートジェルを試した結果をお伝えしていきます。

ここが良かった

良い口コミ

今までの感覚だと、やはりおしろい=粉の印象が強いので、ジェルがおしろいになるのかな、と半信半疑でしたが、実際におしろい同様の効果をしっかり発揮してくれて、おしろいにありがちな粉ふきも防ぎ、上品なツヤを持続させてくれることも実感できました。

水分80%のジェルでできたおしろいと言われている通り、潤いが一日中続き、顔がパキパキに割れてしまったり、乾いたり、ということが感じられないことにも感激しました。また、メイク崩れが格段に減りました。ジェルをのせて軽くお肌の上でタッピングすることにより、「ウォーターフィルム」が形成されるので、ファンデーションがよれづらくなり、上からマスクをしてもマスクにメイク崩れがかなり軽減されました。

普段パウダーを載せると、すぐ粉が拭いてしまったり、ツヤ肌に仕上げたいのに一瞬で粉っぽくなってしまったり、という点も解消され、ツヤ肌好きな私としては理想の仕上がりになりました。

ここが悪かった

鏡台

塗り方が慣れるまでは少し難しいように感じました。ついファンデーションの上から滑らせるように塗布しそうになってしまうので、必ずタッピングするようにポンポンと馴染ませていきましょう。また、ジェル自体は薄いベージュの色味がついていますが、お肌に載せると透明に変わります。どこまでつけたか分からなくならないように、半顔ずつから手順を決めて塗布することがオススメです。

総合的には★★★★★5点

おすすめ

総合的に見ても、この画期的なジェルおしろいはとても優秀な商品だと感じました。今までの概念を覆して、おしろい特有の悩みを改善してくれた新しい技術力と商品力には驚きました。仕上がりにツヤや潤いを求める方には是非おすすめしたい商品です。

どんな人(シーン)にあっている?どんな人にあっていない?

どんな人にあっている?

では実際にカバーマーク モイスチュアコートジェルがどのような人に合っているのでしょうか。

こんな人、こんなシーンにおすすめ

おすすめ

時間が経つと乾燥してきてしまう、通常のパウダーを塗ると粉が拭いてしまう、という方にはとてもおすすめです。また、メイク崩れが気になっている方にも、独自皮膜技術の「ウォーターフィルム」でメイクをカバーしてくれるので、圧倒的にメイク崩れが減ります。

こんな人、こんなシーンにはおすすめできない。

おすすめできない

あまりツヤ肌に仕上げたくない方は、どうしても潤いのある肌に見えがちなので、おすすめできません。カバーマーク モイスチュアコートジェルを塗布する前にフェイスパウダーを塗布すると、潤いはだいぶ抑えられて見えますが、完全にマットな仕上がりにすることは難しいと言えます。

ずばり、カバーマーク モイスチュアコートジェルは購入した方がいい?

購入すべき?

★★★★☆4点

仕上がりの好みの差があるものの、一般的なおしろいとしては機能も使いやすさもとても優秀な商品といえるかと思います。仕上がりが苦手な方以外は、是非一度試して頂くことがオススメです。

まとめ〜カバーマーク モイスチュアコートジェルの総合評価〜

カバーマーク モイスチュアコートジェル評価

総合的にみても、カバーマーク モイスチュアコートジェルはとても新しい技術と仕上がりを体験出来るおすすめしたい商品です。今までおしろいを載せると乾燥してしまう、しっかり塗っても持続しない、というお悩みをしっかり解消してくれたカバーマークからのジェルおしろい。仕上がりにお悩みがある方は是非一度チェックしてみて下さい。