コスメ

Dior ディオール バックステージ アイパレットのおすすめの使い方は?口コミも検証!

Diorで人気のアイシャドウ、バックステージアイパレット。今回はその中でも2020年3月に限定発売された004 ローズウッドについて検証してみました。大人気で、売り切れ必至なのでぜひチェックしてみてくださいね。

Dior ディオール バックステージ アイパレットってどんな商品なの?

diorバックステージアイパレット

  • 001ウォーム ウォームカラーが基調となったブラウン系
  • 002クール クールカラーが基調となったローズ系
  • 003アンバー ウォームニュートラルカラーが基調となったコッパー系
  • 004ローズウッド 透明感のあるニュートラルカラーが基調となったローズウッド系

4色展開。

どのパレットでもナチュラルからハッキリしたメイクまで自在に楽しめる仕様になっています。新作の004ローズウッドは、プライマーと8種のカラーアイシャドウのパレットで、上品な中に色気もあわさって、とても魅力的な目元が作れます!イエベ・ブルベ問わず使いやすいカラーです☆

発売日・メーカー

発売日・メーカー

004ローズウッドは2020年3月13日(金)~15日(日)限定世界先行販売。
4月10日(金)に全国販売。

カラー

diorバックステージアイパレット

  • PRIMER
  • NUDE
  • BRONZE
  • MAGENTA
  • ROSE
  • WOOD
  • BURGUNDY
  • DARK PLUM
  • PURPLE BROWN

全体的にマットなアイシャドウが多いです。上段右のBRONZEを使うとラメが綺麗につきます。

1種類のプライマーと8色のパレットがあって、1区画が2cm×2cm。ブラシか指でとって使うので、十分な量があります。重さは約75g。ミラーやチップが入っていない分、とても軽いです。

金額

金額

購入金額は6,050円(税込)。国内の正規Diorのコスメカウンターやオンラインショップでの購入価格です。4月から販売されていますが、人気コスメのため、現在は入荷待ち状態です。
amazonでは2倍以上の値段で販売されているので、正規店舗で入荷待ちをすることがおすすめです。

購入場所

購入場所

今回は限定販売期間にDiorのオンラインブティックで購入しました。テスターで色を確認できませんでしたが、美容家の方が実際の使用感をinstagramで紹介されていて色合いを知っていたので、購入してみましたが、大正解でした。

Dior ディオール バックステージ アイパレットの世間の口コミはどうなの?良い?悪い?

口コミ

購入する前に、実際に使ったことのある人の口コミをチェックしておきましょう。良い口コミだけでなく、悪い口コミも抜粋したので、ぜひ参考にしてみてください。

良い口コミ

良い口コミ

(前略)プライマーがついてて

色が超好みだったのが購入の決め手。

プライマーすごくいい。

のばしてみるとぺたっとせずさらさらとした感じ

使わないだろうなと思ったベージュは

クマの部分にコンシーラーとして使えそう。

ハイライターは少し強めの色ですが私は好き。

他の色も色んな組み合わせで使える。(以下略)
引用元:@コスメ

▶︎プライマーは指で取ってつけていますが、その後にのせるアイシャドウがしっかりとついて崩れにくいです。アイパレットにプライマーも付いているのはとても便利ですよね。

悪い口コミ

良い口コミ

(前略)たくさん色が入っていて、濃い色は肌に馴染む色味で使いやすいですが、薄い色何色かは私の肌には発色がよく分からなかったので、一部の色しか使いこなせなさそうです。 (以下略)
引用元:@コスメ

▶︎このユーザーさんの肌色は分かりませんが、濃い色のアイメイクが好みの方は、購入する前にテスターで肌への馴染みを確認してみてください。

Dior ディオール バックステージ アイパレットを項目別にチェックしていきましょう

項目別に評価

ここからは、Dior ディオール バックステージ アイパレットをパッケージ、容器の使いやすさ、質感、発色、色もち、コスパの項目に分け、5点満点で評価していきます。

パッケージ

diorバックステージアイパレット

コスメは見た目の可愛さ、持っていて気分が高まるデザインという点も重要になってきます。
中身がすぐに区別できるパッケージであるかもチェックしておきたいポイントです。

★★★★☆4点

バックステージ アイパレットは透明のパッケージなので中のアイシャドウの色が一目瞭然。
区別しやすく、デザイン性も高いので使いやすいコスメです。裏面を見ると、カラーやラメorマットの詳細も書いてあるので、色合いもすぐに確認できます。
☆マイナス1個の点としては、サイズが少し大きいので、コスメポーチの中で多少かさばる点ですが、アイパレットが薄く軽いので、持ち運びやすいです。

容器の扱いやすさ、付属品の使いやすさ

diorバックステージアイパレット

アイパレットの開けやすさや手に持ちやすいかも重要なポイントです。

★★★☆☆3点

アイパレットの開け口は目立たないデザインになっていますが、手前のくぼんでいる開け口を持って開けると簡単に開けられます。大きさは手のひらと同じくらいの大きさなので手の小さな方には少し持ちにくいかもしれません。プラスチック製で落とすと壊れやすいので注意しましょう。

質感

diorバックステージアイパレット

実際に肌につけた時の質感で目元の印象は大きく変わります。それぞれの色について、マットか、ラメ感があるのかは重要なポイントです。

★★★★★5点

全体的にマットな質感のアイパレットで、非常に上品で軽い付け心地です。上段右のBRONZEはラメ感がありますが粒子が細かいので、ギラギラとした印象ではなく、とても上品です。やわらかいテクスチャーなので、ブラシで取ると力を入れずにブラシに色が取れます。

発色

diorバックステージアイパレット

アイシャドウの最も重要なポイントが発色の良さです。マットかラメ感があるか確認すると良いです。

★★★★★5点

上段はベース作りとハイライトに使える色で薄づきです。中段、下段のカラーは特に発色がよく、ブラシにとる量によってナチュラルからハッキリした色合いまで楽しめます。赤みのあるカラーを塗り、その後にブラウンで目の際に締め色として使うと腫れぼったくない印象になります。締め色も4種類あるので、気分によって違う色を楽しめます。

色もち

diorバックステージアイパレット

時間が経ってもなかなかメイク直しができないことも多いと思います。夏は特に汗で落ちにくいアイメイクがポイントになります。今回は、30秒流水をあててからティッシュで軽く3回こすってみた後の色もちを検証してみます。

★★★★★5点

驚くほど、落ちにくいアイメイクです。水洗いしながらこすったり、クレンジングでのメイクオフは簡単に力を入れずに落とす事ができます。季節を選ばず使える、とても使いやすいアイパレットです。

コスパ

コスパ

アイシャドウはプチプラの物からデパコスまで様々ありますが、やはり価格がお手頃なほどリピートもしやすいので重要です。

★★★★★5点

6,050円(税込)のアイパレットで一見高そうに思われるかもしれませんが、プライマーを含む9種類のアイパレットがたっぷりと入っているので、コスパは非常にいいと思います。気分によって6720通りのメイクを楽しめるのにこのお値段は破格ではないでしょうか。

実際ディオール バックステージ アイパレット004ローズウッドを試してみました。

試してみました

今回は実際に新色の004 ローズウッドを試してみました。ブルベ、イエベ関係なく使えるお色なので、とっても使いやすいです。

購入したきっかけ

おすすめの使い方

尊敬する美容家 石井美保さんが004 ローズウッドの新作をつけている投稿を見て、一目ぼれし、オンラインですぐに購入しました。上品な雰囲気の女性である石井美保さんがナチュラルに上品につけられており、先行販売の時にオンラインブティックで購入しました。

ちょうど同じ時期に、プロのヘアメイクさんにメイクをしてもらう機会があり、目の下のクマを目立たなくするために、目にレッドカラーの差し色をラインとして使って頂いた事がきっかけで、赤みのあるカラーのアイパレットを購入しようと考えていました。

2つのきっかけが総合されて、購入。

スオッチ

diorバックステージアイパレット

上段の3種類は薄づきですが、中段、下段は発色が良いです。ラメ感のあるカラーはハイライトと中段左のみですが、細かい粒子なのでギラギラした印象にはなりません。全体的に落ち着いた印象の目元を作れます。

diorバックステージアイパレット

diorバックステージアイパレット

diorバックステージアイパレット

おすすめの使い方

diorバックステージアイパレット

  1. 上段左のプライマーを指に取り、アイホール全体に伸ばします。つけた途端にサラサラに変わります。
  2. 中段真ん中をブラシに取り、まぶたの二重幅にのせてから、まぶた全体にのばし、グラデーションを作ります。
  3. 中段左をブラシに取り、二重幅にのせてからぼかします。この色がアクセントになって、ピンクメイクが引き立ちます。
  4. 目の際に入れるブラウンは、気分によって中段右か下段の3種類のどれかを使います。今回は下段右を使ってみました。ブラシに取り、目の際に入れます。赤みのあるピンクメイクにブラウンの締め色を入れることで腫れぼったい印象にならず、上品に仕上がります。
  5. 中段左をブラシに取り、目の下まぶたの際にいれることで目のクマが目立たず、アクセントになります。

ディオール バックステージ アイパレット004ローズウッドを試した結果

アイシャドウ

今まで赤みの強いアイシャドウは使ってこなかったのですが、赤とブラウンの組み合わせがとても綺麗で、マスクを毎日している中、目元の印象を変えることでおしゃれが楽しめました。組み合わせ方が豊富なので、日によって違うメイクを楽しめますし、新しいメイクをすることで自分に似合うメイクを発見することができます。

ここが良かった

良い口コミ

ナチュラルな仕上がりが好きなのですが、ローズウッドは濃い色合いを使いつつもナチュラルに仕上げる事ができるコスメなので、お気に入りになりました。

ここが悪かった

アイシャドウ

ハイライトを上から重ねると、赤みが消えがちになってしまったので、指に取ってアイホールの真ん中にぽんぽんとつけることがいいようです。

最初はブラシに取る量が多く、濃いかな?と思うほど失敗しましたが、何度か試すことで自分の好きなメイクを知ることができます。

総合的には★★★★☆4点

赤に近いピンクメイクは初めてでしたが、初心者でも使いやすく、イエベ・ブルべ問わずに使えるので、万人に使いやすいアイシャドウだと感じています。使い方がたくさんありすぎて、自分に一番似合うメイク方法をまだ見つけられていないかもしれないので、☆を一つ減らしております。楽しくアイメイクを試せるので、おすすめのコスメです。

ディオール バックステージ アイパレット004ローズウッドはどんな人(シーン)にあっている?どんな人にあっていない?

どんな人にあっている?

ここまでディオール バックステージ アイパレット 新作の004ローズウッドについてご紹介してきました。どんな人にあっていて、どんな人にはおすすめできないかをお伝えします。

こんな人、こんなシーンにおすすめ

おすすめ

赤みのあるメイクに挑戦したいという方、仕事場でも浮かないピンクメイクを楽しみたい方、赤みメイクをマットな仕上がりで落ち着いた上品な印象に仕上げたい方にはおすすめです。ブルべ・イエベ問わず使いやすい色なので、おすすめです。

こんな人、こんなシーンにはおすすめできない。

こんな人にはおすすめできない

マットな仕上がりになるパレットが多いので、キラキラとした粒子の大きなラメ感のアイメイクを好まれる方にはおすすめしません。

ずばり、ディオール バックステージ アイパレット004ローズウッドは購入した方がいい?

購入するべき

★★★★★5点

是非とも購入をおすすめします。ブルべ・イエベ問わずに使えてコスパも良いアイシャドウ。今は正規オンラインブティックでも在庫がない状態なので、入荷次第、即購入をおすすめします。争奪戦間違いなし!

まとめ〜ディオール バックステージ アイパレット004ローズウッドの総合評価〜

diorバックステージアイパレット_評価

2020年3月の3日間に限定販売され、4月の正式販売から2週間足らずで完売している人気のアイシャドウです。マスクをする事が多い日々の中で、何かいつもと変化をつけたい時にはアイメイクでイメチェンをはかってみるのはいかがでしょうか。

ナチュラルメイクから、大胆なメイクまで楽しめるアイパレットですので、自分の好きな色を手に取って、素敵な目元を探求しながら作っていく、楽しめるコスメです。ぜひ、試してみてください。